膣トレグッズの種類や選び方の説明

 
最近の膣トレグッズは、様々なタイプがあります。ボールが1個のタイプ、2個のタイプ。重さも様々です。膣トレグッズに使用されている素材なども様々です。それぞれ、特長などをまとめましたので、膣トレグッズ選びの参考になればと思います。

膣トレグッズの選び方

 
膣トレグッズの選び方としては、使用されている素材、ボールの大きさ、重さなどを知っておくと良いです。特に素材は重要視した方が良いです。デリケートな女性の膣内に挿入するグッズですから、品質の良い素材を選ぶことが大切です。

 

 

膣トレグッズの素材

デリケートな膣内に入れる訳ですから、膣トレグッズに使用されている素材には、拘った方が良いです。膣トレグッズに主に使用されている素材はシリコンが多いです。さらに、高品質な医療シリコンもあります。シリコンと医療シリコンは、基本的に材質は同じなのですが、生産工程が異なります。医療シリコンの場合は、医療向けに使用されるシリコンを生産する認定を受けた工場でしか製造ができません。厳しい生産管理、品質管理によって作られており、それが高品質で安心ができると言われるポイントでもあります。膣トレグッズ、バイブに使用されている素材に関しては、別ページで紹介していますので、そちらも読んでみてください。

 

膣トレグッズの大きさ

 
トレーニングボールの直径が大きすぎては、挿入し難くなりますし、むしろトレーニング・ボール(インナーボール)の直径が大きいと膣を広げてしまう可能性があり、逆効果となってしまいます。適度な大きさの膣トレグッズを選ぶことが大切です。

POINT
トレーニングボールの一般的な直径:1.5センチ~3センチ前後

 

膣トレグッズの長さ

 
膣トレグッズの長さというのは、トレーニング・ボールが2個連なっている場合の全長のことです。トレーニング・ボールが2個も連なれば、全長が長くなってしまいますので、膣の奥深くまで挿入しなければなりません。そうなると、膣に窮屈感を覚えてしまい、不快だったりすることもあります。ただ、トレーニングボールが2個連なっていれば、膣で締めやすいというメリットはあります。

POINT
トレーニングボールの長さは、1個の場合は2センチ~3センチ前後。2個連結の場合は、3センチ~7センチ前後。

 

膣トレグッズの重さ

 
膣圧を高めるためのトレーニング・グッズですから、トレーニング・ボール(インナーボール)が軽すぎると意味がありません。ある程度の重さがあり、膣で締め付けて、落ちないように自然と意識するくらいの重さが良いです。

POINT
トレーニングボールの重さは、ボール1個10グラム~30グラム前後

 

膣トレグッズの値段

やっぱり、気になるのは値段ですね。あまりにも高価だと、購入するのに戸惑います。だけど、価格が安すぎると、品質が心配だったりもします。値段が高い、安いというのは、人によって感覚が違いますので、一概には言えません。ただ、デリケートな膣内に挿入する膣トレグッズだからこそ、ある程度の価格の膣トレグッズを購入した方が賢明です。

膣トレグッズの価格は、1,000円前後から20,000円程するタイプもあり、値幅が広いです。これは、使用されている素材や、トレーニングボールが1個なのか、2個なのかなど、膣トレグッズの仕様によって変わってくるからです。オススメできるのは、10,000円以内の膣トレグッズです。5,000円~8,000円前後で、医療用シリコン、またはシリコンを使用している膣トレグッズが手頃です。

POINT
膣トレグッズの価格は、1,000円前後~20,000円と値幅が広い

 

膣トレグッズの種類

膣トレグッズとひとことで言っても様々なタイプがあります。こちらでは、ポピュラーな膣トレグッズをまとめましたので、膣トレグッズ選びの参考にしてみて下さい。

トレーニング・ボール(インナーボール)1個タイプ

 
ボールが1個というシンプルなタイプです。ボール1個でも十分に膣トレーニングが可能です。ボールが1つの場合は、ボールに重さがあるタイプを選ぶと良いです。ボールが1個でも十分に膣トレができます。むしろ、ボールが1個の方が挿入しやすく、取り出しやすいというメリットもあります。慣れてきたきたら、ボール2個タイプに買い替えても良いです。

 

トレーニング・ボール(インナーボール)2個タイプ

 
ボールが2個のタイプです。ボール1つの大きさ(サイズ)が、どれほどなのか把握しておくと良いです。あまりにも大きいボールを2個も挿入してしまうと、窮屈感があり、挿入することが不快になってしまうこともあります。ボール2個タイプは、挿入するときには、多少は押し込んで挿入するという感じになります。個人差があるかと思いますが、挿入しきれない女性も居ます。

 

バイブ機能付きの膣トレグッズ

 
トレーニング・ボールを挿入して、ボールの重さに耐えるために膣を締め付けるだけではなく、トレーニング・ボールに振動を与えて、その振動にも耐えることで、さらにトレーニングができるというタイプです。膣に挿入して、振動させるという時点で、既に、膣トレグッズを超えた、プレイグッズに近い感じがします。

 

中にボールが入っているタイプ

 
トレーニング・ボールの中に、さらにボールが入っている膣トレグッズもあります。動いたりすると、中身のボールが動いて、コツコツと振動を与えてくれて、それが膣トレーニングとなります。ワイヤレスリモコンで振動させるよりも、自分の動きによって、振動がきますので、ナチュラルな振動ですから、耐えられないということもありませんし、心地よい振動で膣トレできているということを実感できます。

 

おすすめの膣トレグッズ

おすすめの膣トレグッズを紹介します。

ピーエス ブイグローブ

膣トレグッズのスタンダードと言えるのではないかと思います。ボール1個型、ボール2個型がセットとなっています。膣トレボールの中に、さらにボールが入っており、動かすと中身が動きます。その振動を膣圧で耐えるという仕組みになってます。うちの彼女も使ってます。

  • 形状:エッグ型(ボール2個・ボール1個)
  • 素材:シリコン
  • 振動:なし

 

ラブトレーナー

とりあえず、膣トレをしてみようと思っている女性にぴったりです。価格も安くなっていますので、膣トレ入門といえます。といっても、膣トレボールが2個付いてますので、長さは10センチ程度となりますから、意外にも圧迫感を感じてしまうかもしれません。

  • 形状:エッグ型(ボール2個)
  • 素材:不明
  • 振動:なし

 

マジックモーション マジック ケイゲル マスター

スマホやタブレットと連携して層さすることができます。振動機能が付いています。

  • 形状:エッグ型(ボール2個)
  • 素材:シリコン
  • 振動:あり
  • スマホ連携:可能

 

ジェジュー アミプラス ローズ 4,968円(税込)

イギリスのブランドが考案した膣トレグッズです。従来の膣トレグッズは、軽量タイプが多いのですが、こちらの膣トレグッズは、なんと重さが約136グラムとなっており、しっかりと締め付けていないと落ちてしまいます。今までの膣トレグッズで効果を感じなかった女性に向いています。

  • 形状:エッグ型(ボール2個)
  • 素材:シリコン
  • 振動:なし

 

スワン クラッチ 13,824円(税込)

振動機能付きの膣トレグッズです。また、コンパクトなサイズとなっていますので、日本人女性に合った形状となっています。膣トレグッズなのですが、振動するということから、プレイにも使用できます。

  • 形状:エッグ型(ボール2個)
  • 素材:シリコン
  • 振動:あり

 

アネロス エヴィ

使い方はとても簡単で、ローションを塗って膣に挿入をしておくだけです。振動することはありませんが、膣トレーニングを目的としている形状が、膣トレーニングに最適な設計となっています。

  • 形状:エッグ型(ボール2個)
  • 素材:医療用シリコン
  • 振動:なし

 

その他の膣トレグッズもあります

その他、様々なタイプの膣トレグッズがあります。価格帯も様々です。貴女に合った膣トレグッズが見つかりますように・・・

その他の膣トレグッズを探す

 

関連記事

2017/8/21