年下の彼女から学ぶこと

 
枯れ男の定義は、少し曖昧な感じがする

枯れ男とは枯れている男のことなので、きっと年齢的には60歳以上の男性を指すのではないかと思う。ボクは、かろうじて40歳代。40歳代でも枯れているのだろうか? ボクは自分自身を枯れているとは思っていない。46歳くらいでも枯れていないと思う。

もしかしたら、年齢とその人の見た目とか、枯れ具合を考慮して枯れ男と決めているのかもしれない。ボクは枯れているよりは、オジサンな部類に入ると思っている。

だが、彼女が言うにはオジサンでもあるが、枯れている部類に入るらしい。

そして子供っぽらしい。

彼女からみて、ボクは彼女より20歳以上年上であり、自分の母親と同じくらいの年代だから、枯れていると感じているのかもしれない。

彼女は、彼女が子供の頃に父親を亡くしてしまっているので、父親的な存在となる男性を求めているという傾向が伺えるので、もしかしたらそういったことも枯れ男好き、年上の男性好きという気持ちを強くさせているのかもしれない。

ボクは彼女の父親にはなれない。彼氏であり恋人。その立場として、彼女に対して出来ることはしていきたいし、たくさんの愛情を振りまいていきたい。

彼女とは週末に仕事が終わってからデートをすることが多い。仕事が終わって、待ち合わせをしてボクが車で迎えに行って、どこか食事に行ってカフェで茶をするか、ラブなことが出来るところへ行くこともある。

帰宅が遅くなると、彼女のお母さんが心配をすることもあるので、こないだお母さんと挨拶をしておいた。本当にお母さん?と思うほど綺麗な人だった。お姉さんかと思った。

ボクは40歳半ば、彼女は20代前半。20歳近く離れている女性を夜遅くまで振り回すわけではないけど、帰宅が遅くなると、お母さんが心配するどころか、彼女が怒られることもある。

だから、お母さんに挨拶をしておいた。

お母さんは少しびっくりしていたけど、お互いのことだし、娘の自由だし、上手に付き合ってくれれば良いのではと言ってくれた。お母さんは見た目も若くて、考え方も若いらしく、枯れ専とか枯れ氏という言葉は使わなかったけど、今の時代は年齢の離れた恋人とか人気があるみたいだからねと言っていた。

お母さんに会うのは緊張しはなかった。ちゃんと挨拶をしておいて良かったと思う。こういう男と付き合っているということを知ってくれて居た方が良い。別に悪い事をしているわけじゃないし。

ボクくらいの年齢になると、やっぱり何かあった時のことを考えてします。何かあったときに、その時に、お母さんに会ったら、あんな男と居るから、そういうことになるんだよと言われるのも嫌だ。何でも先に伝えておいた方が良いと思う。別にボクは何かある男じゃないけど、思わぬトラブルに巻き込まれることもあるかもしれない。お母さんにとっては大事な娘だから。

年齢が離れた恋愛、とても年下の彼女を持つと、そういった親心というか老婆心のような気持ちが芽生えてきてします。けっして彼女を子ども扱いしているわけではないけど、年齢が離れていると気を使うことが多くなるし、自分が良い方向へ導いてあげられる道しるべのような存在でいなければと思う。

その他、関連記事があります

年上彼氏 が 相手の女性に求めるもの   年上彼氏が、相手の女性、年下の彼女に求めているものは、色々あります。年上彼氏だから何でもできるし、何でも知っている、頼れる存在だと思うことは間違いありません。でも、年上彼氏も悩みがあり、色々と気持ちのバランスを整えるのに苦労していることもあります。そういった時に、支えてあげること...
デート代は彼氏が払うのが当たり前?...   彼女が年下、自分の方が年上・・・だからかもしれないけど、デート代は全部ボクが払ってますね。食事もホテルも映画も車のガソリン代も高速道路で移動するときはETCがあるからいいけど。さすがに買い物の時は自分で支払ってもらってるけど・・・たまに服とかはボクが払ってることもあるかな。 ...
デート代を払おうとする年下の女性はカワイイ... 年の差恋愛で彼氏が年上、彼女が年下という場合は、殆どの場合が年上彼氏がデート代を払うことが多いはずです。ただ、年下彼女としては、いつも彼にデート代を払ってもらってばかりでは悪いなという気持ちを持っていたりもします。 少しくらいはデート代、飲食代を払っても良いかなと思うこともあります。 &...
裾腋臭 スソワキガ な女性   女性が嫌がるかもしれない話題のひとつに入るのが、臭い、体臭の話題です。夏になると、やはり体臭が気になります。女性であれば、スソワキガを気にすることもあるかもしれませんね。ボクは鼻が利くので、スソワキガかどうか判ってしまうんです。特に夏になると、スソワキガかどうかというのは、顕著に...
2017/8/21