恋愛とは

恋愛とは一体何なんだろうかと思うことがある。

人を好きになることは誰でもある。

それは同性でも好きになることはある。同じ趣味があるとか、同じ考え方とか、自分と似ているから親近感が沸くから好きになるのだと思う。同性を好きになることを恋愛という人も居る。異性を好きになるといことも恋愛。つまり、恋愛をするにあたって性はあまり関係ないのではないかと思う。きっとそうだ。子供が産めるとか、産めないとかそういった身体的な能力の違いだけだと思う。恋愛の奥深いものは、きっと人間の深層心理とか感情、心で決まるのだろうと思う。

純粋に人を好きになるということは恋愛ではないと思う。自分の母親に恋心を抱く人も居るかもしれないけど、それは恋愛ではなくて、親子愛であり、愛なのだと思う。好きという言葉と恋愛という言葉も意味が違う。好きは英語でいうところの LIKE 。恋愛は? LOVE? 英語でLOVE は 愛。 恋愛という言葉そのものがとても難しい意味を示していると思う。

恋であり、愛であるという恋愛。

恋が50% で 愛が50% の 恋愛なのだろうか?

そういった感情はどこから来るのだろうか?

むかし、もう恋愛をするのは止めようかなとか、女性を好きになるのは止めようかなとか思っていた時期がある。恋愛が始めれば、終わりが来る時もある。それは別れるとき。別れるときってけっこう苦しいと思うことがある。お互いの感情がすれ違っていたのか、もともと相性が合わなかったのか、そもそも肉体的な付き合いしか考えていなかったとか、色々な事情があって別れることになる。恋愛を止めようとか、女性を好きになるのは止めようとか思えば、思うほど相手の方から誘われることもある。それは、きっと相手の女性を異性として見てないという何でもない雰囲気を演出していたから、近づきやすい男だと思えたのかもしれないし、下心の無い男だと思われていたのかもしれない。結局は恋愛という感情は自分で抑制することは難しいのかもしれない。

相手のことが好きだから、興味があるから恋愛感情を持つのだけど、いつかは別れることになる、つまり相手の事を好きではなくなるというのは不思議だと思う。それは、気持ちが変わってしまったからなのだろうか? もともと、退屈しのぎで恋愛をしていたのかもしれない。それとも、人間性ではなくお金とかもっと別のことを目的にしていたのかもしれない。家を持ってるとか、土地を持ってるとか、家柄が良いとか・・・真意は判らない。

人の気持ちは変わる。心も変わる。天気だって変わるし一定ではない。四季があるから寒くなり暖かくなり風景も変わるだろうし、着る服も変化していく。移住食の変化は人間にも影響を与えるのだと思う。それが、どれほどの影響かは判らないけど、恋愛という感情に左右をしているのかどうかは判らないけど、少なからず影響を与えている可能性はある。

株取引や為替などをいじくっていると、嫌気をさしたとか、そういった言葉を使うことがある。もしかしたら経済も気というものが流れていて、それを操っている人たちの気分で変化をするのではないかと思う。実際にそういった側面もあるみたいだけど。だから、景気という言葉を使うのかもしれない。経済がうまくいっているのに景気って言葉が不思議だ。良い景色の気? 経済がうまくいっているのであれば、金回りが良いという言葉の方が通じやすいと思う。では、付き合いだして別れるのは、嫌気がさしたからか?ということになってしまう。

とくに女性からは聞く言葉としては、男は肉体関係を持つと冷たくなる。なんとなく判る気がする。冷たくしているわけではないのだけど、ある程度自分のことを理解してくれるだろ という甘えのようなものがあるのかもしれない。もちろん、肉体関係を持った後も優しくする男も居る。ただ、それは気持ちが変わったとか、冷たくなったとかじゃなくて、男はそういった動物なのだ。でも、それは男だけじゃなくて女性でも冷たくなる場合もある。

それでも、ボクは彼女が居るし、彼女のことが好きだし、彼女のことを愛してる。たしかに彼女を付き合う前と付き合いだした後を比べて考えてみると、彼女に対して少し雑な対応をしているように思うときもある。

雑というか、乱暴というか、それが自分の素性なのかもしれない。

でも、自分の素を出して付き合えることは良いことだと思っている。

そもそも、相手のことを好きになるときというのは、一方的なこちからの思い込みで恋が始まると思う。だから恋に落ちたという言葉があるのだと思う。一方的な思い込みというのは、あの人はきっと良い人だとか、素敵な人だとか、賢くて静かな雰囲気の人だとか、そいうった自分にとって都合の良い思い込みというか・・・偶像を作ってしまうのだと思う。それって、視覚的要素ばかりで、見た目から感じたことを自分の中で良いイメージを作り上げているのだと言える。街中で美人を見かけたら、すごい美人、素敵な女性、だからきっと彼氏が居るかもしれないし結婚をしているかもしれないという想像をしてしまうこと自体が思い込みなのだと思う。そういった思い込みから始まった恋だから、お互いのことが判ってくると嫌気がさしてくるのかもしれない。

恋愛というのは、勝手な思い込みから始まるから、別れるということになってしまうのかもしれない。勝手な思い込みをして、相手のイメージを勝手に作り上げているから、それに合致していないと、イメージが違ったとか、あの人は違ったとか、私とは合わなかったというような言い訳めいた言葉を発することになるのかもしれない。

恋愛とは、とても曖昧で、恋でもないし 愛でもない 恋と愛の中間ということかもしれない。恋と愛の狭間で揺れる感情が心地よいので、恋と愛を行ったり来たりしているのが男女の気持ちというか感情なんだと思う。

どこから湧いてくるのか、どこから来るのか判らないけど、恋愛という感情は男が女を好きになって、女が男を好きになって、それがこれからも継続される間は生まれ続ける感情。それは、アダムとイブのころから続いているのかもしれない。

恋愛とは何だろうと考えて答えが出たことが無い。

いつも考えている。

その他、関連記事があります

不倫をしている独身女性はけっこう多い...   不倫をしている既婚女性というのは、それなりに居るのだろうとは思いますが、不倫をしている独身女性はもっと多いと思います。私の身勝手な妄想かもしれませんが、私の周りの独身女性はけっこう不倫をしている女性が多いです。 仲の良い女友達が居るのですが、彼女は32歳。知り合った時は彼女...
付き合い始めの頃は逢いたくて仕方がない気持ち...   相手の男性、女性と付き合い始めたときというのは、逢いたいという気持ちが強くなりますよね。好きだから逢いたいという気持ちが強くなるのだろうとは、思うのですが、逢いたいと思う気持ちを突き動かす理由は大きく分けて、2つあるんじゃないのかなと思います。 逢いたくなる2つの理由をまと...
生理痛の治し方   生理のときにはお腹が痛くなるらしい。これも、女性すべてがそういう症状になるわけではないので、一概には言えませんが。たまたま、うちの彼女は生理の時はお腹が痛くなることが多いです。しかも、定期的に訪れるものなので、けっこう女性は大変なんだなということを感じますね。 食中りでもな...
デートの段取りを決められない男が居るらしい...   ボクの周りの女性から色々と話を聞くと、デートの段取りを決められない男性が多いみたい。デートをする日程は決めるのだけど、実際にはどのような場所へ遊びにいくのか、何処へ行くのかなどのデートプランを決められない。なかにはデートの予定を決めないというか、決められないという男性も居るとか。...
枯れた男を好きになる女性   枯れ専という言葉は今まで聞いたことがなかった。枯れ男という言葉もある。枯れた男という意味らしく、ある程度の年齢の男性を指すらしい。40歳以上とか、50歳以上とか、60歳代とか。そういった、ある程度の年齢に差し掛かった男性を枯れ男と呼ぶらしい。 枯れているというのは、男として...
優しくしてくる男には気をつけろ   優しくしてくる男には気をつけろというのは女性にとっては重要な事だと思う。ある程度の年齢を迎えた男のボクが言うのだから間違いない。 優しくしてくれる男には下心からがあるから?と思われるけど実は違う。 なかには下心を持っている男も居るだろうけど。 気をつけろというのは、...
恋と愛の違いとか   恋愛とは何かを考えることがあります。40歳過ぎた中年の男が恋愛だなんて何を言っているんだろうと思われるかも知れませんが、40歳過ぎた中年の男でも恋愛はします。普通に恋愛します。人を好きになることもあるし、自分よりも年上の女性を好きになることもあるし、自分よりも年下の女性に魅力を感...
クセの残っている女は淫乱?   クセの残っているなと思う女性は、たまに居ますね。女性のクセというのは、以前の彼氏とか、前の男との性的なクセのこと。性癖とか性的なクセのこと。つまり以前のパートナーになるのだろうか、彼氏なのだろうか、愛人なのだろうか、判らないけど。とにかく、肉体的な関係のあったであろう、以前の男の...
女は恋愛とセックスでキレイになる