エイジングケアで乾燥肌を脱却

 

乾燥対策は、エイジングケアの基本

老化を加速させる要因のひとつとして、乾燥があります。乾燥は、お肌の老化を早めます。気付かないうちに、老化はジワジワと、お肌を蝕んでいきます。逆にお肌の乾燥を抑えることができれば、プリプリで艶やかなお肌を維持できるというとになります。赤ちゃんのお肌が理想的ですね。といっても、赤ちゃんに戻ることは、現実的にはできないので、できるかぎりお肌を保湿する方法を取り入ることが大切です。

乾燥肌対策は、エイジングケアの基本です。如何に乾燥を予防するか、乾燥しないようにするかという対策をすることが大切です。その理由としては、加齢と共に、女性ホルモンが減少していきます。お肌の水分を保つ役割を担っている、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などを生成するエストロゲンが減っていくからです。

つまり、女性ホルモン(エストロゲン)が減るということは、お肌の保湿力が弱くなってしまうということです。

ですから、エイジングケアの基本は、乾燥対策と言われています。故に、エイジングケアのために、保湿力の高い化粧品、化粧水が多く開発されています。

 

お肌が乾燥してしまう原因

お肌が乾燥してしまう原因は、大きく2つあります。

(1) 加齢によるお肌の老化
女性ホルモンのエストロゲンの減少、ターンオーバーの低下、皮脂分泌量の低減などが原因。
(2) 外的な影響
空気の乾燥、気温低下による血流量の低下、間違ったエイジングケアなどが原因。

加齢によるお肌の乾燥をどうやって抑えるのか

エイジングケアを考えている女性が抱えている問題としては、加齢によるお肌の老化のはずです。乾燥肌となってしまう理由を、もう少し追求していくと、女性ホルモンであるエストロゲンの大切さが見えてきます。女性ホルモンのエストロゲンは、セラミドを増やす作用があり、セラミドは、肌の角質層に在り、水分を保つ役割があります。コラーゲン、ヒアルロン酸の生成に関してもエストロゲンの存在が必要となります。ですから、乾燥肌から脱却するには、女性ホルモンのエストロゲンを増やせばよいということになります。

エストロゲンを増やすことはできるのか?

エストロゲンを増やすというよりは、補うための方法として、お肌に潤いを与えるような化粧品・化粧水などを使うことが一般的ですし、それが人気です。
エストロゲン
女性ホルモンのひとつ。加齢と共に減少していく傾向にあります。
コラーゲン
お肌の土台をつくっています。コラーゲンがあるからこそ、保湿力の高いヒアルロン酸などが存在できるのです。
セラミド
肌の角質細胞間皮質のことで、保湿成分であり、水分の蒸発を防ぐ役割があります。
ヒアルロン酸
細胞間を埋めている物質で、少量で多くの水を含むことができる、高い保湿力を持っています。ヒアルロン酸は、加齢と共に減少していきます。

 

エストロゲンを増やす方法

女性ホルモンのエストロゲンを都合よく増やす方法なんて、本当はありません。あるとしたら、健康的な生活をお送り、健康体であるということです。

入浴する・冷えない・温める

入浴をする、身体を温めるというだけで、エストロゲンは増えます。逆に冷えは、天敵と考えた方が良いです。夏にオフィスの冷房が効きすぎて、身体が冷えて、体調が悪くなってしまったというのは、最悪の状況ですので、注意して下さい。

規則正しい生活を送る

一日三食摂り、適度な運動をして、健康的で、規則正しい生活を送ることです。女性ホルモンを増やすような特別な食事というのは、ありません。栄養バランスよく食事を摂ることが大切です。

プラセンタサプリを飲む

プラセンタサプリを飲むというのも良い方法です。アミノ酸などが豊富に含まれていますので、日々の食生活の中で摂取しきれない栄養を摂ることができます。もともと、プラセンタサプリは、栄養価が高いこともあり、ホルモンバランスを整えることができるとされています。女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、ホルモンバランスが崩れやすくなりますから、プラセンタサプリは有効的です。

保湿化粧品・美容液

保湿作用成分が含まれた、化粧品、化粧水を使ってケアするということも大切です。エイジングケアの第一歩は、乾燥肌脱却です。POLA(ポーラ)独自の保湿成分が配合されており、短期間で変化を感じることができます。
おすすめの美容液

 

お肌が乾燥していると思ったら、既に危険!

自分で、お肌が乾燥していると気付いたら、危険信号です。なるべく、乾燥させないようにすることが必要となります。日中は、こまめにファンデーションを塗るようにしたり、保水力のある化粧水、乳液、スキンクリームなどを使用してケアをすることで、失われつつある水分を補うことも必要です。