エイジングケアは何歳から始めるのか?

エイジングケアは何歳から始めるのか?

エイジングケアは、何歳から始めたらよいのかと悩んでいる女性は少なくありません。何歳から始めるのかというのは、とくべつに決まってはいませんが、一般的には老化が進む20代半ばくらいから始めると良いとされています。人間は20歳頃を頂点に老化が始まるからです。といっても、個人差がありますから、絶対的な指標にはなりません。

ただ、自分で肌の状態が変化してきた、何かいつもと違うと感じたら、エイジングケアを考えると良いです。その、お肌の変化こそが、エイジングサインである可能性があるからです。

 

エイジングサインとは

エイジングサインとは、お肌にあらわれた老化のことです。そうです、少しずつ劣化してきているのを、自分で気付くときがきます。それが、エイジングサインです。

主なエイジングサイン

  • シミが増えた
  • シワが深くなった
  • 毛穴が目立つ
  • ほうれいせんが目立ってきた
  • 目元の小じわが気になる

お肌の老化の原因は、紫外線の影響、乾燥肌が最も多いです。ですから、エイジングサインに気付いたら、紫外線対策、乾燥肌の対策をすることが賢明です。エイジングサインに気付いていながらも、何もしせずに、放っておくと、乾燥してゴワゴワとした、女性のお肌とは思えないような状態となってしまうこともありますので、注意して下さい。

 

エイジングサインがあらわれやすい部位

エイジングケアを始めるタイミングを見逃さないためにも、エイジングサインがあらわれやすい部位を知っておくと良いです。

目もと
目もとは、もともと皮膚が薄いことと、瞬きをするということもあり、小じわが目立ちやすいです。また、年齢を重ねるごとに、顕著に小じわが目立ってきます。目もとの小じわで大体の年齢が判るという人も居るくらいですから。
毛穴
毛穴が目立つと感じたら要注意です。紫外線の影響、お肌の乾燥により、角質層のバリア機能が壊れてしまって、毛穴が開きっぱなし状態となります。ブツブツ感とザラザラを感じることもあります。

その他、眉間のシワ、鼻頭の角栓、抜毛などがあります。個人差がありますので、一概には言えませんが、様々な部位にエイジングサインがあらわれます。

 

エイジングケアを始める

お肌の老化を感じたら、エイジングケアをはじめましょう。エイジングケアの基本は、紫外線対策と乾燥肌対策です。その他、加齢と共に気になるのが、皮膚が薄くなる菲薄化(ひはくか)にも注意が必要です。併せて、お肌の酸化を予防することも大切です。

乾燥肌対策

お肌にハリと潤いを与える化粧水
POLA(ポーラ)|B.A セラム レブアップ

目もとの小じわをケアする

気になる目もとをシャープにしてくれる
POLA(ポーラ)|B.A ザ アイクリーム

紫外線対策をする

ブルーライト対策にも有効
POLA(ポーラ)|B.Aプロテクター