美しい恋と愛

 
恋と愛に美しさというものがあれば、どうゆうものなのだろうか? 時折、小説や映画などでは美しい恋、美しい愛という言葉が登場することがあります。恋、愛に美しさがあるのだろうか?目に見えるものではないのに、美しさがわるのだろうか?

目に見えなくても、美しい恋、美しい愛、というのは、その人が感じることであり、美しさのイメージが湧いてくるのだろうと思う。

美しい恋というのは、切なさがある恋?
それとも突発的な恋?
いえ、恋というのは、そもそも突発的なことが多い。だから、恋に落ちたと表現したりもする。

美容などに詳しい人は知っているかもしれませんが、こんな言葉があります。食べたもので体がつくられる という言葉です。食べたものが栄養となり、人間の体をつくりあげていきます。悪いものを食べれば、悪い体になる。良いものを食べれば良い体になる。良い食べ物というのは、栄養がある食べ物であり、体に良いたべもの。昨今、コンビニ弁当などが当たり前になってきました。弁当が悪いわけではありませんが、どうしても栄養は偏ってしまうものです。となると、体には偏った栄養を獲っていることになり、良い体にはなりません。

良いものを食べて、良い栄養を摂っていれば、良い体になる。人間の体を構成しているのは、細胞です。細胞に栄養が行き届いて、新陳代謝を繰り返します。そして、健康体となります。健全なる精神は健全なる身体に宿ると言われる通り、健康体であることは大切です。健康体であるからこそ、健全な精神、健全な心となり、美しい恋や愛ができるのでないだろうかと思いました。

見た目の美しさではない本当の美しさ。

それは、体の内側から、細胞レベルから始めているとも言えます。

その他、関連記事があります

女は恋愛とセックスでキレイになる