仕事が忙しくて会えない、でも逢う時間を作ることの大切さ

 
仕事が忙しくて、お互いのタイミングが合わなくて、なかなかデートができないこともある。会えないときというのは、寂しくなるものだ。会えなくて、寂しくなると、いろいろと気持ちや心が変化してくることもある。

 

会えないと不安になることも

会えなくなると、本当に好きなのかな?
何してるのかな?
誰かと一緒なのかな?

・・・などなど、自分勝手に良からぬことを考えてしまうこともある。それは、寂しくて、不安になっているから、心細くなっている証拠だと思う。そういった相手の女性の心の揺れ動きを把握してあげて、しっかりとケアしてあげることは、とても大切なことだと思う。セックスすることよりも大切だと思うんだよね。

好きな人と会って、話ができれば、さっきまでの寂しさとか、不安とか、そんなの一瞬で消えてしまうんだよね。その気持ちってスゴク判るんだよね。

現代では、LINEとかをうまく使ってコミュニケーションを取ることもできるんだけど、やっぱり実際に会って、顔合わせて、言葉を交わして、気持ちを確認するというのは、どんな万能な薬よりも、効果がある。ある意味、精神安定剤みたいなものだろうと思う。

 

男は親密になると放置しちゃう?

男は、どうしても相手の女性をセックスして、親密な関係になりつつあると、相手の女性を放置しがちだと思う。それは、男性の特質であるから仕方がないのかもしれないけど、本当は親密になった後、セックスした後の方が大切で、相手の女性に対してどのように接していくかで、男としての器量とか、優しみたいなものが現れてくると思うんだ。

好きな人と会って、顔を合わせて会話すること、話すこと、話を聞くこと・・・こういうことって簡単なことなんだけど、めちゃくちゃ大切だと思う。二人で共有する時間というのは、どんなときでも、どんな場合でも、何もしてなくても有意義な時間だと思う。

逢う時間をつくってますか?

その他、関連記事があります

女は恋愛とセックスでキレイになる