女性にモテない男はココを治せ

 
女性にモテない男というのは、やっぱり多いのかな。ボクの後輩とかも全く彼女が居なくて、毎晩のようにコンパをしているみたいだけど、全然彼女ができないみたいなんだよね。

 

モテない男の共通点

女性にモテない男というのは大体、共通点があるんだけどね。ボクがこんなことを書くのも恐縮なんだけどね。別にボクはモテる男じゃないんだけどさ。あっ! でも、同年代のなかではけっこうイケメンでモテる男の部類だったかもしれないな。

そんな自慢話は、ほかっといて、女性にモテない男の共通の特徴を挙げると

気遣いがないから

全ては気遣いだと思う。そこから全てが始まる。

恋愛だって相手を気にかける、気にするというところから始まるからね。気になるから好きになるというか、気になるから興味が沸くわけ。気遣いが出来ない男は女性にモテない。好きな女性を気にかけるということから全てが始まる。

気を遣うというのは、女性をエスコートをするとか、フェディーファーストみたいな、そういったことは、これから必要になってくるんだけど、まずは自分に気を遣うということ。男って自分の身なりとかに気を遣わないのが多すぎだからさ。

自分で自分のことを気にすると、朝起きたら髪型を整えたりとかさ、寝グセを直したりさ、しっかりと歯を磨いたりとかさ、ヒゲを綺麗に剃ったりとかするはずなんだよね。ネクタイもシャツの色や柄に合わせてみたりとかさ。つまり、自分で自分に気を遣うことで、自然と身嗜みとかが気になってくるはず。身嗜みに気を使うようになってくると、明日はどのようなシャツを着用しようかとか、ネクタイは何にしようかとか、自分の身嗜みの準備もできるようになる。

そういったことを行うことで、気になる、気にする、気を遣うということが出来るようになってくるんだよね。

 

身嗜みにも気を遣う

爪を切ったり、シャツとかスーツとかも気に掛けたり、靴も綺麗にしたり、靴下も可愛らしいのにしたりとかね。そうやって気を遣うことで、自然と襟元がほころびたシャツを着なくなるし、皺の無いスーツを着ようとする。服のセンスとかいうのは、その後だね。服のセンスは好みだからさ。好みは人それぞれ違ってくるからさ。

フェイスローションとか使い出したりなんかすると、かなり良い感じで自分に対して気遣うことができるようになってきている証拠だと思うけどね。

そうやって、自分に気を遣うことで、自分が綺麗になっていくし、清潔さも保てるようになってくるんだ。

 

気にかけてあげること 気配り

自分のことを気にかけると、人のことも気になってくる。相手の女性のことも気になってくるわけ。すると、今日は雨が降っているから彼女は髪の毛がぐるぐるに縮んじゃうんだなとかさ、ここの部屋は乾燥しているから唇がカサカサになって喉が痛くなるとかさ、今日の彼女はヒールを履いているからゆっくり歩いてあげようかなとかさ、そういったことが自然と出来るようになるというか、気付くようになるんだよね。

今日は、もしかしたら彼女とエッチなことをするかもしれないから、爪を切っておこうかなとかさ。爪で引っ掛けてストッキング電線とか、ならないようにね。その、気付きこそが、気遣いであって、気配りであり、結局は優しさとかにもつながってくるんだと思うんだ。

例えばさ、虫歯ってさ他人にうつるんだよ。そんなことは誰でも知っていることなんだけど、虫歯があっても痛くないから歯医者に行かない人って多いじゃんね。歯医者に行くための時間が無いということもあるけどさ。

他人にうつるかもしれないけど、歯医者に行かない。

ということは、虫歯の彼とキスをした彼女は虫歯になるかもしれないってことだよね。虫歯が口臭の元だったりすることだってあるわけでしょ。そういったことを、知らない人もいるのかもしれないけどさ、虫歯を治療せずに、口臭予防をしても無駄じゃないのかなって思う。

たまたま虫歯の話を引き合いに出してきたけど、自分のことを気にして、身嗜みなどが整ってくると、自然と清潔感も保たれるし、その清潔感が良い印象を与えることにもつながるんだよね。カッコイイ、カッコ悪いというのは、もっと後からの話しであり、それほど大きな問題では無いように思うもん。

全ては気遣いなんだと思うよ。気遣いが出来ない男とエッチをする女性はかわいそうだよね。どんだけガサツなエッチをするのかなみたいな。

自分のことに気を遣えるようになったら、自然と相手にも気を使えるようになる。そして、いつかは気遣いの出来るヤツだなと言われるようになる。

だから、気を遣わないというのは、気がつかないということだし、気が抜けてるということでしょ。だから女性にモテないんだろうね。自分のことを気にかけることが出来ない男は女性に気を遣うことは出来ないということだね。

なんか恋愛ブログみたいになってきたけど、気遣いが大切だということ。

その他、関連記事があります

今日、生理になっちゃったという彼女とケンカ...   久しぶりに彼女を喜ばせてやるぜとか思いながら色々とエログッズをネットで注文して、わわざ週末に間に合うように発送してもらったりという、目に見えない地道で不埒な努力をしています。今日は縄で縛り上げて、あれして・・・これして・・・その後にこんなことしちゃって~・・・という様に頭の中は勝...
胸キュンするとき   40歳半ばになっても、胸がキュンとすることがある。 40歳過ぎた男でも胸キュンとかするんだ?と思われるかもしれないけど、胸キュンするよ。キュンキュンする。胸キュンするということよりも、40歳越えて胸キュンという言葉を使っていることがどうなんだ?と思われそうだけど、胸キュンす...
イクときに首を絞めてという女性   オーガズムを感じて、イクときに首を絞めてという女性は、少なくないですね。けっこう多いと思います。首を絞めるだけではなく、噛みついて欲しいという女性も居ましたね。そういった女性を変態だとは思いません。それは、女性として性的な快感を得るメカニズムが影響しているのだと思います。女性がイ...
老婆心を抱く男   彼女とは週末に仕事が終わってからデートをすることが多い。仕事が終わって、待ち合わせをしてボクが車で迎えに行って、どこか食事に行ってカフェで茶をするか、ラブラブなことが出来るところへ行くこともあるし、BDSMなことができるところへ行くとかね。 帰宅が遅くなると、彼女のお母さん...
恋人よりセフレの方が仲良くなるのは何故?...   恋人よりセフレではじまった相手の方が仲良くなるのは何故? 男も女も感じたことのある感覚だと思うけど、真剣に付き合いはじめた相手よりも、セフレとか遊び感覚で付き合った相手の方が長く続くし、良い関係が続けられることが多い。あれって何故だろう? その理由を考えてみました。 ...
男は女性の脚が好き   女性の脚が好きだという男性は多いと思う。ボクも女性の脚は好きです。というよりも、大好きです。女性の脚というのは言葉では表現できない美しさがある。あまり太すぎる脚は良くないけど、細すぎる脚も良くない。バランスの取れた肉付きの脚が良いと思う。女性は脚を細くしようとか、痩せようという努...
ネクタイフェチの女性   ネクタイフェチの女性って多いんじゃないのかなと思ったりすることがある。以前、付き合っていた女性がネクタイフェチでした。ネクタイが好きとかネクタイを着用している姿が好きだという訳ではなくて、男性がネクタイを着用しているときの指の動きがエロティックに見えるらしい。ネクタイを着用する指...
枯れた男を好きになる女性   枯れ専という言葉は今まで聞いたことがなかった。枯れ男という言葉もある。枯れた男という意味らしく、ある程度の年齢の男性を指すらしい。40歳以上とか、50歳以上とか、60歳代とか。そういった、ある程度の年齢に差し掛かった男性を枯れ男と呼ぶらしい。 枯れているというのは、男として...
女は恋愛とセックスでキレイになる