年上彼氏 が 相手の女性に求めるもの

 
年上彼氏が、相手の女性、年下の彼女に求めているものは、色々あります。年上彼氏だから何でもできるし、何でも知っている、頼れる存在だと思うことは間違いありません。でも、年上彼氏も悩みがあり、色々と気持ちのバランスを整えるのに苦労していることもあります。そういった時に、支えてあげることができれば、今以上に良い関係を築けるはずです。

 

優しさ

男はある程度の年齢になれば、社会的な地位、お金などは手に入れていることが多いです。今まで、神経をすり減らすかのように働いてきた自分を優しく包んでくれるような優しさを求めていることも少なくありません。男は荒々しい というイメージもありますが、むしろ繊細な面も持っていたりするものです。年上彼氏だから、強い気持ちを持っていると思うことは間違いではありませんが、繊細で弱い面も持っていたりするものです。

優しさ の 優 という感じは、憂い(うれい) と 人(にんべん)から成り立っています。憂い とは 悩みや悲しみなどを意味しています。人(にんべん)は、悩んでいる人、悲しんでいる人に寄り添う人というような意味が含まれています。優 という漢字の成り立ちとして、寄り添える人 という意味があります。

優しい言葉を掛けてあげることも大切ですが、何があっても、何が起きても、信じて、寄り添ってあげるという気持ちを伝えて、年上彼氏に自分の愛情を伝えてあげることで、女性としての細やかさ、柔らかさを伝えてあげることができます。

ちなみに、優しい の 優 という漢字は、優秀 とか 優勝 など 優れている(すぐれている)という意味でも使われることがあり、人に優しくできる人は、老若男女に関わらず、それなりに優れた人であるとも言えます。

年下女性、年下彼女だとしても、女性として優れているところを年上彼氏にアピールするとしたら、優しさが大切です。

 

気配り

難しいことは何もありません。年上彼氏とデートしているとき、または 会っているときに、気づいたことなどを伝えてあげるだけでも、気配り上手な女性であることを伝えることができます。

シャツの襟が折れてる、髪型が崩れている、ボタンが外れてる・・・などなど 気づいたことは伝えてあげると良いです。それも、嫌味を含めた言い方ではなく、年上彼氏が気付いてないことに気付いてあげるということです。

年上彼氏とのデートは、どうしても年上の彼が引っ張ってくれることが多くあり、頼り甲斐もあります。何もかも頼ってしまうことは悪くありませんが、年上彼氏でも気付いてないことは多くあります。その気付きを与えてあげられるような、気配りができるということは、自分の傍に居てくれる女性としては、とても安心感を与えてくれるものです。

些細なことでも気付いてあげることで、年上彼氏は自分のことを見てくれているという気持ちになりますし、愛おしい気持ちが増してきます。

その気配りというのは、男性にとっては、母性的な愛情を感じさせてくれるような温かさを感じます。

 

理解力

どうしても、仕事の愚痴っぽい話になってしまうことがあります。彼女とは職場が違うのであれば、彼女は相手の男性の仕事の大変さや苦労は判り難いものだったりします。ただ、相手の男性が仕事の愚痴っぽい話をし出した時というのは、同じ職場の人たちにも言えない、悩みがあったり行き詰っている可能性があります。

何もかも全てを聞いてあげることは難しいかもしれません。ただ、話を聞いてあげるだけでも、年上彼氏の気持ちが落ち着くこともあります。理解してあげるということは、話を聞いてあげて、それを信じてあげる ということです。

もともと年齢差のあるカップルです。男と女という異性だから、考え方が違うのは当たり前です。そこに、重ねるかのように、世代間ギャップがあり、さらに考え方や価値観が異なることがあります。だからこそ、お互いの信頼が必要になってきます。考え方が違う、価値観が違うとなれば、何を考えているのか判らないこともあります。判らないから で片付けるのではなく理解してあげることで、本当の意味で理解しあえる年の差恋愛ができるはずです。

その他、関連記事があります

女は恋愛とセックスでキレイになる