優しくしてくる男には気をつけろ

 
優しくしてくる男には気をつけろというのは女性にとっては重要な事だと思う。ある程度の年齢を迎えた男のボクが言うのだから間違いない。

優しくしてくれる男には下心からがあるから?と思われるけど実は違う。
なかには下心を持っている男も居るだろうけど。

気をつけろというのは、そこじゃなくて、実は自分の気持ちとか心に気をつけておかないといけない。優しくされると、ついつい気を緩めてしまうから。優しくした男としても、下心が無かったとしても、気の緩んだ女性が目の前に居たら勘違いをしてしまうだろうから。つまり、優しくされて気が緩んでしまった女性には隙が出来るということ。その隙を作ろうと思って下心を持った男性は優しくしてきたりもする。

優しくされると気が緩んでしまうから、優しくしてくる男を警戒するという言い方も出来る。だから、優しくしてくる男には気をつけなければいけないんだな。つまり、優しくしてくるということは、既に下心があるということなんだろうな。でも、そんなことを言っていたら好意で優しくしてきているのだから、優しくしてくる男の行動を踏みにじるようなことをしてはいけないとも思う。下心が無くても優しい男はたくさん居るけどね。

しつこい優しさというのも邪魔だけど、必要の無い優しさは押し付けがましさが全面に出てしまい、お節介になってしまうこともある。その人にとって必要な優しさとのバランスが保てると良いんだけど、どんな優しさが欲しいかなんて、なかなか判らないものだし。

優しいという言葉の 優 という漢字を分解すると、人 と 憂 になる。人がうれえる・・・つまり相手のことを心配しているということになる。ならば、その優しさを汲み取ってあげるのも優しさ。

優しくしてくれる男と優しくされる女

気持ちと感情と行動 このバランスが必要

その他、関連記事があります

女は恋愛とセックスでキレイになる